生花とドライ&プリザーブドフラワーの違いって?

2024年6月30日

今回は店頭でよくあるご質問のひとつ、『オルフラで取り扱っているお花の種類とその違い』についてお答えしていきたいと思います。

 

オルフラで取り扱っているお花は生花、ドライフラワー、プリザーブドフラワーの三種類です。

 

 

まずは生花から♪

フラワーギフトの定番でもあり、四季折々の自然をお家で手軽に楽しめます。

お気に入りのお花を一輪飾るだけでもお部屋全体がパッと明るくなり、日々の生活での疲れを癒してくれます。

実際に生花を見たり触れ合ったりすることはストレスケアにも効果があるそうです。

また、生花のブーケやアレンジメントは、ドライフラワーに比べると同じお値段でもボリュームたっぷりに仕上がるのも嬉しいポイントですね。

 

 

お次はドライフラワー。

ドライフラワーは生花を自然乾燥させており、カサカサとした乾いた質感やパリパリとした手触りが特徴です。

乾燥が進むにつれて徐々に退色していき、ドライフラワー特有のアンティークな色合いへと変化していきます。

こちらは生花と違って水やりの必要がないので「お花は好きだけどお手入れする時間がない…でも手軽にお花を楽しみたい!」という方におすすめです。

直射日光や冷暖房が当たる場所を避けて飾っていただければ、半年から長くて一年程度はキレイな状態のまま楽しむことが出来ます。

 

 

最後はプリザーブドフラワー。

こちらは生花に『プリザーブド加工』と呼ばれる保存加工を施したお花です。

特殊な溶液で脱水・脱色をしてから染料で着色するため、生花では再現しにくいダークブルーやスカイブルー等の色味を長い間楽しむことができます。

プレゼントするお相手の雰囲気やイメージカラーに合わせてオーダーすれば世界にたった一つだけの特別なギフトも作れちゃいます♪

こちらもドライフラワーと同様に基本的にはお手入れが不要です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

旬のお花をボリュームよく楽しんで欲しい方は生花を、インテリアの一部として長く飾って欲しい方はドライ&プリザーブドフラワーの商品をおすすめしております。

他にも「こういうデザインのものが欲しいんだけど…」「このお花って入荷しますか?」等のご相談にも対応いたしますので、オンラインショップや店頭又はお電話にてお気軽にお問い合わせください。

 

 

コメントを残す

コメントを公開するためには承認される必要があると気を付けてください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。